J2だったベガルタ仙台のJ1昇格に貢献したサッカー北朝鮮代表の梁勇基(リャン・ヨンギ)選手




梁 勇基 ブログ
梁 勇基 wikipedia

リャン・ヨンギ選手は大阪出身の在日朝鮮人のサッカー選手です。
J2だったベガルタ仙台のJ1昇格に貢献しました。
ベガルタ仙台のために尽くし、2008年、2009年はチームの主将も務め、2013年は共同主将の一人として再び主将になりました。


実はリャン・ヨンギ選手はワールドカップなどの北朝鮮代表選手としても何度も選出されています。
しかしJ2の選手だったので、あまり重用される事はありませんでした。
J1のチームに移籍することも出来ましたが、J2のベガルタ仙台のために尽くし、移籍する事はありませんでした。
ベガルタ仙台は2010年からJ1のチームに昇格しています。


2010年の南アフリカワールドカップの北朝鮮代表候補に選出されたのですが、予備登録締め切り日までに手続きが遅れたので予備登録メンバーにも登録されず、直前合宿に参加したものの最終エントリーメンバーに残れなかったそうです。
在日本朝鮮人蹴球協会理事長の李康弘さんが、選手枠に空きが無いならと役員枠での同行を要求し、サポートメンバーとして代表メンバーに同行したそうです。


リャン・ヨンギ選手は今年、AFCアジアカップ2019の3次予選に臨む朝鮮民主主義人民共和国代表に選出されたそうです。


ちなみにリャン・ヨンギ選手は「R.YANG(アールヤン)」という洋服の通販サイトをしているそうです。







スポンサーリンク

韓国版「世界に一つだけの花」~イジュンギ・T-Blue・ドンへさんバージョン~

調べてみると、色んな韓国のアーティストの方が日本の歌をコンサートなどでカバーしています。
スマップの名曲「世界に一つだけの花」も色んなアーティストの方がカバーして歌っていたので、動画を貼りますね。


イ・ジュンギさんバージョン



スーパージュニアのドンへさんバージョン



T-Blueバージョン(ちょっと間違えてます・・・)



発音も本当に上手いですね。
顔が同じだから、言われなければ日本人と韓国人って、本当に見分けが付きません。
日本と韓国のアーティストがお互いの歌をカバーし合うような、歌番組やコンサートがあれば面白いのにと思います。



クリックで応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


韓国ランキング


スポンサーリンク

TUBEの韓国ソウルでの03-04カウントダウンコンサートとTUBEのカバー曲

チョン・ジェウクさんが歌う「Season in the sun」



ケンさんという韓国アーティストが歌う「ガラスのメモリーズ」



韓国では沢山の日本の曲がカバーされているのですが、TUBEの曲も何曲かカバーされています。
特に上のチョン・ジェウクさんの歌う「Season in the sun」、めちゃくちゃ上手いというか、TUBEそのまんまな感じです。


そしてTUBE、なんと韓国でカウントダウンライブをしていました。
日程は2003-2004年にかけてのカウントダウンライブで、ソウルの「子供大公園 DOM ART Hall」で行われたそうです。
このライブは、2004年から韓国で日本のJ-POPのCD発売が解禁されるという事で、その記念すべきカウントダウンライブをTUBUがやる事になったそうです。
(ライブの様子はこちらの方のブログ記事をご覧ください)


ちなみに韓国で初めてライブをした日本人アーティストは2000年のチャゲ&ASKAです。
(チャゲ&ASKAの韓国でのライブについてはこちらの記事をご覧ください)


その他の韓国でライブをしている日本人アーティスト一覧はこちらの記事をご覧ください。


*こちらのブログもしています*
・楽しく覚える韓国語(語呂合わせで覚える韓国語など)
・韓国のオーガニックコスメ集


スポンサーリンク