チマチョゴリ切り裂き事件

チマチョゴリ切り裂き事件とは、1994年に登下校中の朝鮮学校女子生徒の制服・チマチョゴリが切り裂かれるという被害が日本各地で発生した、という事件です。
当時は北朝鮮に核開発疑惑があり、朝鮮情勢が緊迫した状態でした。


この事件報道をきっかけに「第二制服」といういわゆる普通の制服(ブレザー)ができ、1999年以降はほとんどの朝鮮学校で「第二制服」が着用されているそうです。
しかし思うのですが、なぜ女子にはチマチョゴリを着せて男子には着せないんでしょうね。
女子がチマチョゴリを着ていたらこういう事件の対象になりやすいから危険だから、女子こそ着てはいけないような気もしますが。
しかしもし男子生徒が朝鮮半島の民族衣装を着て登下校していたら、それもそれでコントみたいになってしまうような気がしますけどね・・・。
でもやはり、女子は危険にさらさないでほしいです。


しかしこの事件には朝鮮総連の自作自演とい噂もあります。
またこの事件を追っていた在日3世のフリーライターの金武義さんという方が、事件を調査中に謎の死を遂げています。
本当の事は分かりませんが、いずれにせよ、子供達を政治の問題で危険にさらさないで、大人の中だけで解決してほしいと思います。
本当に、政治の犠牲になるのは、いつも子供と女性です。
もういい加減、こういう負の連鎖は終わりにしたいです。
チマチョゴリ切り裂き事件 wikipedia


そしてこういう問題を考えていていつも思うのですが、はたしてこんな危険にさらされてまで守らないといけないアイデンティティって何なんだろう?って思います。
誰のための何のためのアイデンティティなのかと。
命の方が大切じゃないかと。
それともやっぱりプライドの方が大事なんですかね・・・。
本当に、在日の人達の立場は大変です・・・。


*ベルマークと使用済みインクカートリッジで朝鮮学校が支援できます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク、使用済みインクカートリッジ寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

この記事へのトラックバック