朝鮮学校の壁に沿って花を植え続けている日本人の女性と、古着・タオルで出来る使い捨て布ナプキンの話


朝鮮学校の壁に沿って花を植え続けている日本人の女性がいました
以前、アメーバブログの方に書いた記事です↑


在日コリアン問題は色々複雑でタブーもあるし、何だか関わりにくい事もあるけど、本来はこういう風に「ただ花を植える」みたいな解決方法で良いと思うのです。
上手く説明できないけど。


「反戦!反戦!」って言っていると、戦争を引き寄せてしまうそうです。
なぜなら常に「戦争」を意識しているから。
人間って、常に意識している事を引き寄せてしまうらしいので、反戦ではなく「平和」について考えましょう。
そっちの方が健康にも良さそうですしね。




*おまけの話*
今回のコロナウイルスで、ナプキンが売り切れになった所もあるそうです。
実はナプキンは、着なくなった古着やタオルで、使い捨て布ナプキンが作れます。
作り方は簡単で、適度な大きさの長方形に切って畳むだけです。
災害の時などにも役立つので、良かったら覚えておいてください。






〔 コロナウイルス対策情報 〕
ウイルスの感染予防と対策にはビタミンCが効きます!
ビタミンCは免疫力をアップしてくれるそうです。
ビタミンCは緑茶(特に煎茶)・パプリカ・ジャガイモ・水菜に多く入っています。
韓国の柚子茶にも沢山入っていますよ!
それから体温が1度上がると、免疫力が5~6倍にもなるそうです。
免疫力が高ければ感染しませんし、もし感染しても治りやすいです。
コロナウイルスに効くかは分かりませんが、結局コロナウイルスも現状は薬が無いらしいので、感染しても自分の免疫力で治すしかないそうです。
とにかく免疫力を高めましょう!

それから、こういう時期だからこそ、集団ヒステリーには気を付けてください。
あのヒトラーも大衆(特に女性)から圧倒的な支持を受けていました。
ユダヤ人を迫害して隔離する事はドイツ人にとっても利益があったため、当時、人口の1%にも満たないユダヤ人を迫害する事に反対する人は、ほとんどいませんでした。
詳しくはこちらの方の記事参照↓
女性の圧倒的支持を得たヒトラー/なぜ大衆はヒトラーを絶対的に支持したのか?【合意独裁】
こちらも参考になります↓
【藤井聡】過剰自粛という集団ヒステリー ~「100人以下」のイベントでの感染確率は「ほぼゼロ」である~

またもしコロナウイルスの影響で収入が減って、ご飯が食べられない方は、地元のフードバンクかお寺おやつクラブに連絡してみてください。
緊急事態なので食べ物をもらえるかもしれません。
食べ物が余っている方は、ぜひフードバンクに寄付してください。
こういう時期だからこそ、もっとフードバンクが知られたら良いと思います。
(下の2つの団体はブログ等へのバナー設置でも応援できます)

img_other03.gif logo_yoko_s.jpg

それから、コロナの影響で仕事を失くしたり、収入が減って家賃が払えないという方は、農家バイトでしたら住み込みバイトが沢山あるので検索してみてください。




〔 1日1捨 〕
1日1個の断捨離を習慣にすると良いそうです。
レシート1枚でも、チラシ1枚でもOK!
スマホ・パソコン内のデータ削除も効果的だそう。
私もやってみてます!




〔 ブログ記事協力のお願い 〕
私のブログは訪問者数が少ないです。(毎日平均2桁)
それなので訪問者数が多いブログを書いている人が在日コリアンについて書いてくれる方が、私が書くより、よっぽど波及効果があります。
また私のブログは、このブログもアメーバブログの方も無料ブログなので、ある日突然、削除される可能性があります。
できたら強制労働や帰国事業などのディープな話題を書いてほしいですが、無理そうでしたら「コリアンタウンに行った」「韓国料理を食べた」「在日コリアンについての映画を見た」「在日コリアンの友達・知り合いとのエピソード」など、ライトな話題でも何でも良いです。
ブログ記事の中で、ほんの1行、サラっとさり気なく書いてくれるだけでも良いです。
またブログに貼っているツイッターのリツイートでしたら簡単にできます。
在日コリアンについて書いている他の人の記事に「いいね」をする事でも良いと思います。
在日コリアンについて日本人が正しく関心を持つ事に、どうか協力してください。
1人が一生懸命頑張るより、100人が少しだけ何かする方が、上手く広がると思います。




【その他のお勧め記事】
・在日差別の本質は日本人の西洋コンプレックス
・日本の工業発展の影で行われていた炭鉱・建設現場での朝鮮人強制連行・強制労働
・全国のコリアンタウン一覧
・朝鮮学校の壁に沿って花を植え続けている日本人女性がいました



アメブロに抜粋版もあります。
「いいね」してもらえると嬉しいです!



クリックで応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国ランキング