在日韓国・朝鮮人の教育を考える会「ムジゲタリ」

「ムジゲタリ」HP

「ムジゲタリ」は和歌山県の在日外国人(主に在日韓国・朝鮮人)の子ども達を受け持つ教員のための指導手引きを載せているサイトです。
実は在日の子供達全てが朝鮮学校に通っているわけではなく、日本の学校に日本名で通っている在日の子供達も沢山います。
そのような子供達への指導について、考えて手引きを載せています。

*全国の朝鮮学校一覧と動画はこちらの記事を参考にしてください。


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

日本の学校に通う在日学生の会「ハッセンフェ」

「ハッセンフェ」ブログ

日本の高校に通う在日の学生達が、朝鮮人の友達を作り朝鮮の文化に触れていくために結成された「ハッセンフェ」という会があるそうです。
在日の子供達と言っても皆が朝鮮学校に通っているわけではなく、在日の子供達全員が朝鮮学校に通えるほど沢山の朝鮮学校があるわけでもないので、日本名を使って日本の学校に通っている子供達も沢山居ます。
もしかしたら私の今までのクラスメイトにも、私が知らなかっただけで在日の人が居たのかもしれません。


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-----------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
-----------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
-----------------------------------------------------------------------------------

チマチョゴリ切り裂き事件

チマチョゴリ切り裂き事件とは、1994年に登下校中の朝鮮学校女子生徒の制服・チマチョゴリが切り裂かれるという被害が日本各地で発生した、という事件です。
当時は北朝鮮に核開発疑惑があり、朝鮮情勢が緊迫した状態でした。


この事件報道をきっかけに「第二制服」といういわゆる普通の制服(ブレザー)ができ、1999年以降はほとんどの朝鮮学校で「第二制服」が着用されているそうです。
しかし思うのですが、なぜ女子にはチマチョゴリを着せて男子には着せないんでしょうね。
女子がチマチョゴリを着ていたらこういう事件の対象になりやすいから危険だから、女子こそ着てはいけないような気もしますが。
しかしもし男子生徒が朝鮮半島の民族衣装を着て登下校していたら、それもそれでコントみたいになってしまうような気がしますけどね・・・。
でもやはり、女子は危険にさらさないでほしいです。


しかしこの事件には朝鮮総連の自作自演とい噂もあります。
またこの事件を追っていた在日3世のフリーライターの金武義さんという方が、事件を調査中に謎の死を遂げています。
本当の事は分かりませんが、いずれにせよ、子供達を政治の問題で危険にさらさないで、大人の中だけで解決してほしいと思います。
本当に、政治の犠牲になるのは、いつも子供と女性です。
もういい加減、こういう負の連鎖は終わりにしたいです。
チマチョゴリ切り裂き事件 wikipedia


そしてこういう問題を考えていていつも思うのですが、はたしてこんな危険にさらされてまで守らないといけないアイデンティティって何なんだろう?って思います。
誰のための何のためのアイデンティティなのかと。
命の方が大切じゃないかと。
それともやっぱりプライドの方が大事なんですかね・・・。
本当に、在日の人達の立場は大変です・・・。


*ベルマークと使用済みインクカートリッジで朝鮮学校が支援できます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク、使用済みインクカートリッジ寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

枝川朝鮮学校裁判




在日問題は複雑な事が多く、頭のユルい私には朝鮮学校の問題も読んでいても「・・・分からん」となる事が多いのですが、枝川の朝鮮学校も経緯がいろいろあって「???」となる感じだったので、いつものごとく大雑把な理解で説明します。
(なので少し間違っていたらすいません)


枝川朝鮮学校の裁判問題とは、枝川にある東京朝鮮第二初級学校に対して東京都が2003年に土地の明け渡しと土地の地代相当金4億円の支払いを求めて訴訟を起こした問題です。
それまで東京都とわりと穏便に協定を結び土地を使っていたので、突然の控訴に在日の人達は驚きました。
枝川朝鮮学校を支援する活動などが出来たりして裁判を闘っていたのですが、2007年に朝鮮学園側が1億7,000万円を都に支払い、今後10年間は利用制限つきでこのまま使うことで和解が成立しました。
東京朝鮮第二初級学校 wikipedia
すいません・・・かなりはしょりました。


朝鮮学校の問題を調べていていつも思うのは、大人の事情は色々あると思うのですが、在日の子供達に「私達は日本に歓迎されていない」というイメージを植えつけないでほしいなという事です。
もし将来、在日の子供達が日本でアウトローになったら、それは日本人にとってもマイナスになると思うからです。


朝鮮学校の問題は政治がからむと色々微妙なので、政治で解決するよりも民間の理解のある人達が在日の子供達を支える方が良いような気が私はします・・・。
そしてお金を送ると何に使われるか分からないので、学用品とか給食用の食品とか、実際に学校で使われる物資を直接寄付するという方法で支援した方がシンプルで良いのではないかといつも思います。


また朝鮮学校って「怖い」イメージがあるので、地域の清掃活動とか植林活動とかに参加して、もっと「私達、地域に貢献してますよ」という姿勢を見せた方が日本人の信用を得られると思うんですけど・・・どうでしょうか?


ちなみに私はベルマークと使用済みインクカートリッジを集めて送っています。
ちなみに定型郵便や定形外郵便なら匿名でも送れますよ。
「オッケトンムの会」という所がベルマークを集めて朝鮮学校へ寄付しています。
(ベルマークの寄付についての詳しい記事はこちらをご覧ください)


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------