韓国のアイス屋さん一覧 *動画・HPアドレス有り アイスファクトリー・Milky Bee・ソルビン・31・Bistopping・ロールアイス・招福・紫芋アイス・Meal Top・o’sulloc TEA HOUSE*

韓国のアイス屋さん一覧を作ってみました。
韓国にはビジュアル的に面白いアイスや、健康に良いアイスが沢山あります。
紹介ページはコネストさんやソウルナビさんが多いです。
韓国のホームページがある所はホームページ(韓国語)にリンクしています。
you tubeにお店紹介動画があった物は、動画へのリンクを貼っています。


・アイスファクトリー(インスタ栄えアイス)紹介ページ 動画
・Milky Bee(薔薇アイス)紹介ページ 動画
・Bistopping(トッピングが選べます)紹介ページ インスタ(韓国語) 動画 
・カムソンコンジャン(ロールアイス)紹介ページ 動画
・昭福(穀物アイス)紹介ページ HP(韓国語)
・カフェ歩拏(ポラ)(紫芋アイス)紹介ページ HP(韓国語)
・o’sulloc TEA HOUSE(緑茶アイス)紹介ページ HP(韓国語) 動画
・Meal Top(カキ氷)紹介ページ HP(韓国語)
・ソルビン(カキ氷)紹介ページ HP(韓国語) 動画
・31(Baskin Robbins)紹介ページ HP(韓国語) 動画(店舗) 動画(アイスケーキ)


◇その他のお勧め記事◇
・日本にある韓国の伝統茶・伝統餅・伝統菓子のカフェ一覧
・韓国のオーガニック・ベジタリアンレストラン、米粉のお店等一覧
・全国のコリアンタウン一覧
・全国の韓流ショップ一覧


スポンサーリンク

光州事件を扱った韓国の大ヒット映画「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」が日本でも上映されるそうです




「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」ホームページ

韓国で1200万人が見たという大ヒット映画「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」が、4/21から全国で上映されるそうです。
この映画は光州事件を映画にしたものだそうです。
私もまだ見た事がないので分からないのですが、見た人達がSNSで言っていたという、「主人公のタクシー役のソン・ガンホがポスターの中で笑う分だけ映画は悲しさを帯びる」という言葉がとても気になります。


◇その他のお勧め記事◇
・全国の韓流ショップ一覧
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧
・100年以上日本に住んでいる、在日韓国・朝鮮人とは、どんな人達なのか?
・ジャパンとコリアの間に生きる人達の本音、、、在日の人達の個人ブログ一覧

スポンサーリンク

済州島発の自然派コスメ「イニスフリー」*済州島は在日韓国・朝鮮人の故郷なので、日韓関係のキーワードになる島だと思う

イニスフリーの紹介動画



イニスフリーは韓国のハワイと言われる済州島発の、人気オーガニックコスメブランドです。
済州島の自然の恵みをたっぷり使ったコスメを販売しています。


「イニスフリー」ネットショップ(英語 イベント多数)
「イニスフリー」ホームページ(日本語)
「イニスフリー」インスタグラム
「イニスフリー」ツイッター
「イニスフリー」公式youtubeチャンネル



今年の3月に、東京に実店舗がオープンしました。

イニスフリーの表参道店



(その他の韓国オーガニックコスメが買える日本の実店舗一覧はこちら



ちなみに韓国コスメ全国のコリアンタウンに売っているお店が沢山ありますよ。



実は在日韓国・朝鮮人には、済州島出身者がとても多いです。
特に大阪と東京の三河島には、済州島出身者が多いと言われています。
済州島は本土の韓国より日本に近かったので、昔から沢山の人達が、出稼ぎ等で日本に渡って来ていました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猪飼野物語 済州島からきた女たち [ 元秀一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)




済州島は韓国のハワイと言われ新婚旅行先としても人気です。
また日本からの観光客も多く、現在は日本でも人気がある東方神起がイメージキャラクターを勤めています。

チェジュ航空×東方神起のCM




済州島は李朝時代は政治犯等の流刑の地だったり、戦後は4・3事件での島民大虐殺があったりと、実は悲しい歴史を持っている島です。
そんな島が現在「韓国のハワイ」などど言われているのは何だか皮肉ですね・・・。
でも沖縄も本土決戦の捨て駒にされたりして悲惨な歴史を背負っていますし、世の中って案外、そんなもんなのかもしれません。
(そういうバランスというか・・・)



在日韓国・朝鮮人が実は日韓関係において大きなキーワードであるように、在日韓国・朝鮮人の故郷の済州島も日韓関係のキーワードとなる島なのではないかと思います。
そんな悲惨な歴史を背負った済州島が、自らの自然資源を生かしてオーガニックを発信している、その事自体にものすごく意味があると思うのです。
ちなみに済州島は風力発電の島でもあります。
日韓関係において、エコロジーも大きなキーワードだと思います。



ちなみにイニスフリーにはこんな商品があります。











またソウルの明洞のイニスフリーにはカフェ(パンケーキが人気)もあります。



また済州島にはイニスフリーの本店と体験館やオーガニックカフェがあります。
同じ敷地内に同系列の会社の緑茶ブランド「o’sulloc Tea Museum(オソルロッティーミュージアム)」もあるので、韓国のオーガニックに興味のある方は、ぜひ訪れてみてください。
イニスフリー本店 コネストさんの記事


済州島のイニスフリー本店



o’sulloc Tea Museum




スポンサーリンク