在日の人達の皮革産業と縫製産業

東京都の荒川区の三河島地域にはカバン工場、紡績、ミシン加工、製鞄に関わっていた在日朝鮮人が多いそうです。
この地域は農地に適さなかったので、そこに在日の人達が来て皮革産業を発達させたそうです。
ちなみにこの地域には日暮里繊維街があります。
ちなみにこの地域の在日朝鮮人はほとんどが済州島出身者という統計があります。
1922年に大坂と済州島を結ぶ船が出来てから、日本には沢山の朝鮮の人達が渡ってきました。
(三河島付近の写真はこちらの方のブログが参考になります)


ちなみに紡績産業は、大坂の在日朝鮮人の産業としても発達していました。
(詳しくはこちらの記事をご覧ください)


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

ヘップサンダルと在日




大阪の生野区の在日韓国・朝鮮人には、昔からヘップサンダルの家内製工場をやっている人達が多いそうです。
しかし工賃が安く、仕事量も安定しなく、また最近の不況でその仕事も大変な状況になって来ているそうです。


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

食肉用の動物の堵殺と在日

在日の人達のお仕事で、特に日本に渡ってきたばかりの1世達には、食肉用の動物の堵殺場で働く人が多かったそうです。
1世達は日本語がまだまともに話せないため、就職できるのはそういう日本人が嫌がるような底辺労働ばかりでした。
在日の人達には焼肉屋さんが多いと言われていますが、堵殺場で働いていた時にタダ同然でもらってきた臓物をホルモン焼きとして売り始めたのが起源と言われています。


日本語が話せないとまともな仕事に就けないのは仕方がないといえば仕方ないのですが、食肉用の動物の堵殺をする作業というのは本当に残酷な仕事です。
でもそういう残酷な事を誰かがしないとお肉は食べられないので、誰かがそういう仕事をしてくれているという事、そしてそれを長い間在日の人達や部落の人達がして来てくれた事を忘れてはいけないと思います。


1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

大阪の紡績工場の朝鮮人女工達

戦前、大阪の紡績工場には朝鮮人女工の人達が多く勤めており、中でも特に済州島出身者が多かったそうです。
紡績とはいわゆる「糸つむぎ」です。
特に岸和田地方が多く、年齢は20歳以下が全体の50%ぐらい、25歳以下は80%ぐらいと、比較的若い世代が女工として働いてました。
お給料は日本人紡績工の1.70円の7割程度と若干低く、さらに相愛会の会費など色々天引きされていたりもしたそうです。
しかしその中から済州島の家族に仕送りする女性も多かったそうです。
女工達は仕事ぶりの評判が良かったので、雇用者はさらに多くの済州島出身者を雇い、人数が増えていきました。


しかし労働は過酷で、1日12時間労働、休憩は昼食と夜食の30分だけ、そしてしばしば教官からの暴力がありました。
会社の寄宿舎生活の女工が多かったのですが、寄宿舎は不衛生で、布団もほとんど洗濯してもらえない状況で、しばし伝染病も流行ったそうです。
また食事は粗末で、腐った魚や虫のわいたおかずを出される事もあったそうです。
そのために改善ストライキが度々起こりました。


ちなみに朝鮮人女工にはキリスト教に救いを見出しクリスチャンになる人も多かったそうで、毎朝出勤前に礼拝に出てから出勤する女工さんもいたそうです。


こちらのサイトに詳しい歴史や細かい数字のデータなどが載っていたので、興味のある方はご覧ください。




1クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日韓友好に勤めた人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------