韓国は雑穀天国 ~雑穀が安くて量も多くて自給率も日本より高いです~

韓国は雑穀を良く食べる国です。
スーパーの雑穀コーナーが広く、普通にキビ・ひえ・アワなどの色んな種類の雑穀が売っており、またレストランや食堂のご飯にも雑穀が入っている事が多いのだそうです。
ミスカルも雑穀粉ですしね。
さすがウェルビン(健康志向)の国。
雑穀はあらゆる栄養がバランス良く入っているので、雑穀を食べていれば色々おかずを作らなくても済みます。
(雑穀の栄養についてはこちらのサイトの記事をご覧ください)


私は雑穀が好きなので、「つぶつぶ ゆみこ」さんのレシピを見たりしながら色々作ってみていた時期があるのですが、日本では普通のスーパーでは米コーナーにオマケのようにポツンと置いてある押し麦ぐらいしか売っていないので、わざわざ自然食品店にキビやアワを買いに行かなければなりませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雑穀と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK [ ゆみこ ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)





しかも日本の雑穀は200gで600円ぐらいして、とても高いです。
一般庶民には、気軽に手が出せる食材ではありません。
それに比べて韓国の雑穀は安いです。
日本の韓国食材店でも1kgが800円ぐらいで売っているので、私は雑穀は韓国食材店で買うようになりました。
こちらの方のブログに、韓国のスーパーの雑穀売り場の様子が詳しく書かれていました。
「韓国の雑穀事情・・・スーパー、市場にて。」


ちなみにこちらが私がよく買っている韓国食材店の雑穀です。
メール便で送料無料です。







ちなみに韓国の雑穀の自給率は、このサイトによると約27%だそうです。
「主要穀物の自給率を14.3%へ、韓国政府が方針」
ちなみに日本の雑穀の自給率は、こちらの方のブログによると約7%だそうです。
「優気のつぶつぶベジライフ♪」
7%だったら値段も高くなる訳ですよね。
やはり需要と供給の法則で、需要が多ければ作る量も多くなる、作る量が多くなれば値段も安くなるのでしょう。
日本も健康ブームで雑穀を食べる人は増えましたが、それでもまだまだ需要が足りないのか、それとも供給が追いつかないのか、どちらかは分かりませんが、とりあえず高いです。
しかも雑穀の産地である東北の農家さん達も、高齢化でお爺ちゃんお婆ちゃんばかりだそうですし、若者が雑穀栽培に参入しないと、そのうち雑穀の自給率が0%になってしまうのではないかと心配しています。


やはり日本も、若者の新規就農者が増えないとダメですね。
というかやっぱり半農半Xが一番良いのでしょう。
(「半農半X」とは、自分達が食べる分ぐらいの小さな農業をしながら、半分農民、半分自分の好きな仕事をして生きるという生き方です)
「半農半Xという生き方~スローレボリューションで行こう」 半農半Xの提唱者のブログ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半農半Xという生き方 決定版 (ちくま文庫) [ 塩見直紀 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)



スポンサーリンク