新大久保にある韓国語のプライベートレッスン「ikoi新大久保韓国語教室」 ~韓国の田舎に泊まって自炊と買出しを行う韓国田舎旅もあり~

「ikoi新大久保韓国語教室」ホームページ
「ikoi新大久保韓国語教室」WOW新大久保 紹介ページ

「ikoi新大久保韓国語教室」は、新大久保にある韓国語教室で、プロの夫婦先生二人が日本人に合う独自の教え方で教えている、アットホームなプライベートレッスン専門の韓国語教室です。
教室には娘さんが描いた可愛い絵が飾られています。
韓国の田舎に泊まって自炊と買出しを行う韓国田舎旅や、ポジャギの同好会もあります。
韓国語の勉強に興味のある方は、ぜひホームページをご覧になってみてください。



こちらの記事も、興味がありましたら、ご覧ください。
・100年以上日本に住んでいる、在日韓国・朝鮮人とは、どんな人達なのか?
・ジャパンとコリアの間に生きる人達の本音、、、在日の人達の個人ブログ一覧
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧


スポンサーリンク

日本の飢餓を救ったホルモン焼と、朝鮮人女工の伝染病死亡率を低くしていたホルモン焼




実は在日の人達には焼肉屋さんをやっている人が多いです。
なぜかというと、在日の1世の時代はまだ日本語がしゃべれない人がほとんどで、日本でまともな仕事に就けませんでした。
それなので、就けるのは肉食産業の屠殺業や土木工事などの底辺労働でした。
その屠殺場から日本人が捨てていた内臓を持ち帰って売り出したホルモン焼が、焼肉の発祥だと言われています。


戦後の食糧難は深刻で、餓死者が1千万人とも言われていました。
そんな中、日本人が捨てていたホルモンが、在日韓国・朝鮮人の手でホルモン焼となって売り出されると、栄養がある事もあり、大変な人気になったそうです。


また在日韓国・朝鮮人の仕事として紡績工場などでの労働も多かったのですが、女工の仕事は重労働に加え、食べ物の栄養も悪く、寮などの衛生状態も悪かったので、伝染病が流行ると日本人の女工は死ぬ確率が高かったそうです。
しかし栄養のあるホルモン焼を普段から食べていた在日韓国・朝鮮人の女工は、伝染病にかかってもあまり死ななかったそうです。
ホルモン焼の栄養についてはこちらの方の記事が参考になります)



こちらの記事も、興味がありましたら、ご覧ください。
・100年以上日本に住んでいる、在日韓国・朝鮮人とは、どんな人達なのか?
・ジャパンとコリアの間に生きる人達の本音、、、在日の人達の個人ブログ一覧
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧


スポンサーリンク

全国の韓流ショップ一覧や韓国オーガニックコスメのお店一覧のバナーを追加しました

このブログの新しいバナーを作りました。
今までのバナーの少し小さいバージョンも作りましたので、よかったらリンクしてください。
その他のバナーや、リンクについてはこちら


kosumeshop-hanawakumaru.jpg  hanryuushop-usagihaato.gif

hanryuushop-hosimaru-120.png  hanryuushop-haatokinwaku-120.jpg  hanryuushop-kurohanachou-120.jpg

hanryuushop-kuroreesu-120.jpg  hanryuushop-omise-120.png  kanryuushop-wakuhaato-120.jpg



こちらの記事も、興味がありましたら、ご覧ください。
・100年以上日本に住んでいる、在日韓国・朝鮮人とは、どんな人達なのか?
・ジャパンとコリアの間に生きる人達の本音、、、在日の人達の個人ブログ一覧
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧


スポンサーリンク