在日コリアン×日本人の純愛コミック「夜明けのエレジー」(津田ひろみ著)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜明けのエレジー [ 津田ひろみ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/5/30時点)



「夜明けのエレジー」という在日コリアン×日本人の純愛コミックが23年の時を経て2015年に再販されていたそうです。
私は読んだ事が無いので詳しい中身は分からないのですが、漫画の対談をしているこちらの記事によると、主人公の少女が母国の北朝鮮に帰っていくシーンがあるようなので、いわゆる帰国事業の事を扱っているのだと思います。
(帰国事業についてはこちらのカテゴリをご覧ください)

帰国事業についての動画



電子書籍も出ているので、興味のある方は是非ご覧になってみてください。
夜明けのエレジー【電子書籍】[ 津田ひろみ ]


◇その他のお勧め記事◇
・漫画の神様、手塚治虫氏が在日についての漫画を描いていました
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧
・在日韓国・朝鮮人に関する映画一覧(キムチが嫌いな在日3世の男の子の映画等)
・朝鮮学校でベルマークと使用済みインクカートリッジを集めています
・宿泊費と食費が無料!農家ステイのウーフコリア

スポンサーリンク

「小説朝鮮高校物語」というホームページ ~リアルパッチギの世界~

「小説朝鮮高校物語」ホームページ

このブログは”小説”となっていますが、映画「パッチギ!」にもあるように、昔の在日韓国・朝鮮人の学生は日本人との喧嘩に明け暮れていたそうです。


パッチギ!予告編



「朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ(金漢一著)」という本も出ています。


今の朝鮮高校の学生が暴力的なのかは分かりません。


私のブログではあまり書きませんが(私は女子なので)、在日韓国・朝鮮人と暴力というキーワードは、実は切っても切れません。
まあ、日本でずっと差別を受けて来た在日韓国・朝鮮人の人達が、もう日本人に見下されたくない、「力には力だ」と、強くなろうとするというか、力に訴えようとするのは、ある意味、自然の流れだったのだと思います。


◇その他のお勧め記事◇
・有名な所から埋もれた所まで!全国のコリアンタウン一覧
・在日韓国・朝鮮人の子供達の自殺率は、日本人の3~4倍
・朝鮮学校でベルマークと使用済みインクカートリッジを集めています
・朝鮮学校の壁に沿って花を植え続けている日本人の女性がいました
・姜尚中さんの息子さんの自殺について

スポンサーリンク

在日の人達のアート作品が紹介されている「Song Junnam」というホームページ

「SONG JUNNAM」ホームページ

ホームページの説明がどこか分からないので、たぶんの認識なのですが、このホームページは在日韓国・朝鮮人の人達のアート作品を載せているホームページです。
ワークショップの様子なども載っています。


このホームページに載っている「飛び出しトンム」というパネル?というか人形?は、色んな朝鮮学校の校門の前で見たような気がします。
(貸し出しているんでしょうか?)
写真はこちら


「朝鮮学校ダイアローグ」というイベントの様子の写真も載っていました。
アートが好きな方は、ご覧になってみてください。


◇その他のお勧め記事◇
・在日韓国・朝鮮人の子供達の自殺率は、日本人の3~4倍
・朝鮮学校の壁に沿って花を植え続けている日本人の女性がいました
・全国を巡回している「在日朝鮮学生美術展」
・在日韓国・朝鮮人に関する映画一覧(キムチが嫌いな在日3世の男の子の映画等)
・朝鮮学校でベルマークと使用済みインクカートリッジを集めています

スポンサーリンク